ホーム > ビタミンC誘導体 > ビタミンC誘導体の化粧水があっても落ち込んだらもったいない

ビタミンC誘導体の化粧水があっても落ち込んだらもったいない

毎日必死で紫外線対策をして、美白化粧品を使ったり、ビタミンC誘導体の化粧水を使ったりして、せっせと色白を目指し保ってきたのに、夏の間は焼くだけ焼いて冬になったらスッと簡単に白くなっている元から色白の人が羨ましくてなりません。というか、「なんで?」とやるせない気持ちになります。努力しても元から持っている人には叶わないのかなとか落ち込んだり、もうどうでもいいやという気持ちになったり、シミができてしまえばいいのにと呪ったり、色々な気持ちが交錯します。

 

落ち込まずにビタミンC誘導体の化粧水を使おう

 

帽子を被っている人が多い中で、髪形が崩れるとか服装に合わないとかで帽子を被らない人っていますけど、そういう人ってあまり焼けないんですよね。焼けないから日焼けに無頓着なのかもしれませんが。不公平さを目の当たりにして「なんで?」と思っても仕方ないので、最近は割り切って「実はあの人は日には焼けないけど、体重がすぐ増えて悩んでいるかもしれない」と適当な理由をつけて、みんな大変なんだと自分を思い込ませようとしています。その方が色んなことを考えずに済むし、自分は自分のことを頑張ろうっていう気持ちになる気がします。よく子どもの頃に言われましたよね。「うちはうち、よそはよそ」って。